一般財団法人聖マリアンナ会 東横惠愛病院

  • ご相談・お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 交通アクセス

一般財団法人聖マリアンナ会 東横惠愛病院

もの忘れ外来

対象となる方

「もの忘れ外来」は、もの忘れ(記憶障害)の早期発見を目的とした外来診療で、以下のようなもの忘れの症状が見られる方が対象となります。

対象となる症状

  • 「時間や季節がわからない」
  • 「自分がどこにいるのか、自宅のトイレ等の場所がわからない」
  • 「持っているものや同じものを買ってしまう」
  • 「ものを盗られたと思い込んでしまう」
  • 「ある筈のないものが見える」
  • 「気分の落ち込みや考えがまとまらなくなる」
  • 「徘徊する」
  • 「些細なことで怒ったり暴力を振るったりする」
  • 「食べられないものを食べてしまったり、食事したばかりなのにさらに食べたりしてしまう」
  • 「自分の排便をいじってしまう」

など

診療内容と料金

(税抜)
内容 料金
  • <標準コース>(保険診療)
  • (1)問診および、診察
  • (2)簡易機能検査
  • 1 MMSE
  • 2 HDS-R
  • 3-1 MEDEまたは、3-2 COGNISTAT
  • (3)血圧・血液・尿検査
  • (4)頭部CT検査
  • (5)心電図検査
  • 3割負担の場合 約8,000円
  • 1割負担の場合 約3,000円
  • <オプション>(自由診療)
  • 血液検査によるうつ病診断
15,000円

(注1)認知症の確定診断が必要な場合は、別途人間ドック提携医療機関にてMRI検査を受診していただきます

(注2)紹介状の有無や実施する検査により料金は異なります。また、お薬代は別途掛かりますので、ご了承ください。

受診の流れ

標準コースのみ受診の場合

  • □ 1日目
    • 標準コースを受診していただきます。所要時間は、2時間程度です。
  • □ 1週間後
    • 再度来院し、医師から標準コースの諸検査の検査結果を受け取り、説明を受けていただきます。

標準コース+オプションを受診の場合

  • □ 1日目
    • 標準コースを受診していただきます。所要時間は、2時間程度です。
  • □ 2日目
    • オプション検査のための採血を行います。
  • □ 2~3週間後
    • 再度来院し、医師から標準コースおよび、オプションの諸検査結果を受け取り、説明を受けていただきます。

検査内容

簡易機能検査

  • 1 MMSE(ミニメンタルステート検査)
    • 国際的に最も広く用いられている認知機能検査。認知症か否かの判別をするスクリーニングに適しています。見当識、記銘力、作業記憶、注意・計算、言語機能、口頭命令動作、図形模写など、複数の認知機能を簡便に評価することができます。
  • 2 HDS-R(改訂 長谷川式簡易知能評価スケール)
    • 国内で広く用いられている認知機能検査。認知症か否かの判別をするスクリーニングに適しています。見当識、作業記憶、計算、記銘力、前頭葉機能など、複数の認知機能を簡便に評価することができます。
  • 3-1 MEDE(多面的初期認知症判定検査)
    • 認知症の初期症状を捉えるのに適している認知機能検査。認知症と関係する中核症状の障害水準と、中核障害より顕在化させる周辺症状を測定することができます。自己評価・他者評価質問用紙により、日常生活の中での自己認識と他者認識の差を明らかにすることもでき、その差の検討によって援助方法などを考案できます。
  • 3-2 COGNISTAT(コグニスタット認知機能検査)
    • 認知障害の特徴把握のために認知機能検査。見当識、注意、記憶、状況理解、復唱、呼称、構成、計算、類似、判断などを評価。被験者の「保持されている能力」と「低下している能力」を視覚的に見ることができます。

血圧・血液・尿検査

  • 血圧・血液・尿検査を行うことで、治療開始直前の全身状態を知ることができます。
    また、治療開始時の薬の選択時にも重要な検査となります。
    さらにこの検査で、糖尿病や貧血等、各臓器が正常に機能しているかの判断材料となります。

頭部CT検査

  • 頭部CT検査を行うことで、脳の血腫、腫瘍の有無、梗塞・出血の有無が分かります。
    また脳の萎縮状態も観察できるため、認知症を判定する上で重要な検査となります。

心電図検査

  • 心電図検査を行うことで、心臓の収縮・拡張が正常に行われているか、心臓の筋肉に酸素と栄養を供給している冠状動脈の血流の流れが円滑に行われているか、心筋に異常がないかが分かります。これにより、脳に正常に酸素と栄養が供給されているかの判断ができます。

血液検査によるうつ病診断

血液検査によるうつ病診断については、 こちらをご参照ください。

受診手続等については、外来のご案内をご参照ください。